健康的な生活を目指す『身体にハッピーGOODなGOODS』

肩凝り

体温を上げる

慎重に行って症状緩和につなげる

男性

温熱療法とは、全身や治療部位を温めることで血液の循環を良くし、筋肉の緊張を軽減させ、痛みを緩和させる効果があります。 しかし、熱を加える治療だけに慎重に行う必要があります。 同じ場所を長時間温めたり、高温の状態のものを直接当てるなどすると火傷してしまうため、時間を計って行ったり、高温のものはしっかりとタオルに巻いて温度調節をしなくてはいけません。 また、治療部位に腫れや発赤などの炎症がある場合も、炎症が悪化する恐れがあるため止めておきます。 きちんと注意事項を守って行えば、痛みや筋肉の緊張の軽減などに期待が持てます。

症状によって違う治療法の種類

病気や怪我の治療に温熱療法が使われていますが、その治療法にもいくつかの種類があります。 ホットパックという治療では、治療部位を温めることで、打撲や捻挫、腰痛、腱鞘炎などの痛みの緩和や、血行を改善したり、むくみの軽減などの効果が期待できます。 パラフィン療法では、熱伝導率が小さく、火傷を起こしにくいパラフィンの特徴を利用して、治療部位をパックすることで慢性関節リウマチや肩手症候群などの症状を緩和させてくれます。 赤外線療法では、治療部位に照射することで、新陳代謝を活発化させたり、痛みを抑える作用があり、腰痛や静脈血栓症などの症状軽減が期待できます。 マイクロ波療法では、体の深部から温めて、慢性関節リウマチや、変形性関節症、打撲などの痛みの軽減や、循環の改善にも効果が期待できます。 このように、温熱療法を取り入れることによって、症状の軽減につながっています。